目元の乾燥肌は年々気になっていくもの、お手入れをするなら早い時期からに越したことはありません。

そこで、目元ケアには通常の保湿はもちろん、プラスオンでアイウルルのようなアイクリームを使用することをぜひおすすめします。

アイクリームはその名の通り、目元のスキンケアに特化した専用のケア用品です。
洗顔の後につける化粧水や乳液といった保湿剤とはどんな違いがあるのでしょうか。

目元に年齢肌が出てしまう原因に圧倒的に多いのが肌のたるみです。
たるみを予防するためには肌の弾力性を高め、なるべく引き上げていくようにしましょう。

そのために必要となるのがコラーゲンですが、体内で生成できる量は加齢とともに減少していくので、食品やサプリメントなどで外部から積極的に補う必要があります。

しかしコラーゲンもただ補給するだけでは効果にはならず、体内で吸収、分解されてはじめてはたらきでだします。

そのサポート成分となるのが、レチノールとペプチドなのです。

レチノールはビタミンAの一種で、肌の弾力をキープしているコラーゲンの繊維を増やすはたらきがあります。一方ペプチドは細胞成長因子ともよばれ、肌の細胞を活性化する力があると言われています。

この2つの機能により、取り込まれたコラーゲンの保水性質をうまく支えてくれます。その成分を含むアイクリームであれば、目元のハリを取り戻すために最適だといえるでしょう。

コラーゲンを増やして活性化する、その2つのはたらきによって肌の再生機能が高まり、たるみの解消にもつながります。

またアイクリームは目元に塗りやすい工夫が施されているものもあります。
目の周りは面積が小さく、また大変敏感肌です。

そのために塗布用のスティックが細くなっていて、目元に優しく塗りやすいように先端が丸く、刺激が少なく肌触りのいい繊維になっていたりします。

このようなちょっとした工夫が、毎日のお手入れをよりスムーズにしてくれるので、無理なく続けやすくなります。

どんなものにでも共通してますが、部分別の専用ケア商品はその部分の特徴を研究し、開発され、そのニーズに合わせたつくりになっています。

餅は餅屋との言葉通り、目元には目元専用クリームを、と使っていくのが最も効果を期待できるケアになりますね。

アイウルルなどのアイクリームには、目元の悩みにしっかり対処できるような製品づくりがされています。決め手となるスキンケア成分や形状など、目元ケアに特化したならではの使いやすさがあります。

おすすめのアイクリーム「アイウルル