年齢を重ねるごとに気になるのが目じりのしわ、笑った時などに出るカラスの足跡とも言われるし大変気になりますね。

一度できてしまった目じりのしわは、目立たなくできるのでしょうか。
あらゆる方法を探って集めてきました。

目じりのしわや口元のほうれい線のような、細くうっすらしたしわが出やすくなる最大の原因は肌の乾燥です。なのでしわ対策に必要なのは、こまめで念入りな保湿です。

年齢とともに減っていくヒアルロン酸やセラミド、アミノ酸などは肌の保湿と細胞の活性化に必要不可欠、配合されているものを必ず使いましょう。

アイウルルなら保湿成分もしっかり配合されているので、アイウルルで目元の保湿対策をすると効果的です。

乾燥しやすい部分には特にアイウルルをたっぷりと、丁寧に重ねづけていきます。

アイウルルが無い場合の上手なやりかたは化粧水を掌に出し、気になる部分に優しく浸透させるようにしてつけていき、肌が水分を吸い込まなくなるまでこの作業を繰り返し続けます。

この時、化粧水を手の温度で温めてから行うと、よりしっとり感を実感できます。

その後乳液などのクリームで水分をしっかりと閉じ込めますが、できればアイウルルのような目元のケアに特化したアイクリームを使うとより効果的です。

他には、アイウルルと並行して目の周りの血行をよくするためのマッサージも有効です。

いつもの保湿ケアのあとにマッサージすると、水分も浸透しやすくなるので一石二鳥です。
マッサージ前に温めた蒸しタオルなどで目元を温めますが、これだけでも十分に血行は良くなります。

温まったところに、アイウルルのようなアイクリームやマッサージクリームなどを使って、目の周りをマッサージします。

この時に注意すべきなのは、指のはらなどで優しく行うこと、目の周辺の皮膚は大変デリケートで、強い刺激を加える必要はありません。

またマッサージはどうしても負荷がかかってしまうので週に1回、多くても2回程度までにとどめておきましょう。

その他には費用が許せばヒアルロン酸注射という手段もありますが、いずれのも外側からのケアであり、肌の中からのケアも同時に必要です。

肌に優しい食べ物とされる緑黄色野菜やコラーゲンを含む食品などを積極的に食べ、足りない栄養素はサプリメントで補給してもいいかもしれません。

そしてストレスや寝不足など習慣的な要因にも注意し、肌にやさしい生活を心がけましょう。

目元のしわにとって最大の敵は乾燥、それを予防し乾いた肌環境にさせないために日々のケアを行っていきましょう。

化粧水選びももちろんですがマッサージや生活習慣の見直しなどで、肌の細胞レベルから改善していく努力も大切です。