仕事や子育てなどで疲れが溜まり、気が付いたら目の下にくまができていたという経験は、多くの人が一度は体験したことがあるでしょう。

くまが浮き出てしまうと、とても疲れているように見えて不健康な印象になってしまいますが、いったいなぜ出来てしまうのでしょうか。

疲れた体のケアとともに、目元のくまについても対策を施していきましょう。

くまができる原因は血行不良、肌のたるみ、くぼみ、色素沈着と主に4つの要素があります。
このうち、疲れが引き金となっているのが血行不良です。

目の下の皮膚は元々大変薄く、血管が透けやすい場所でもあります。
血流が悪くなると血液も酸素不足になり、黒っぽくてドロドロした状態になります。
そのドロドロ血液が浮いて見えるのが、くまの正体です。

パソコンの使用による目の酷使や、寝不足による疲労やストレスがあると、血行不良になりやすい傾向が強まります。

対処法としては、蒸しタオルなどで目元を温めるなどでも血行を良くすることはできます。
血液の粘性が少なくなると酸素が循環しやすくなり、黒ずんでいた色も軽減して浮き出にくくなります。

また日常的な心がけとしては、まばたきなどを意識してできるだけ目の周りの筋肉を動かすようにもします。積極的に動かすだけでも、血流は十分に改善できるでしょう。

お手入れの面では、アイウルルなどのアイクリームを使いながら、マッサージなどのスペシャルケアも時々行います。肌は水分を失い乾燥傾向にあると、キメがデコボコになって黒ずみが目立ちやすくなります。それを予防するには小まめな保湿です。

ヒアルロン酸やセラミドといった、優良な保湿成分の入った化粧水をたっぷりと、優しく重ねづけしていきます。その上から乳液やアイウルルのようなアイクリームなどで、補給した水分をしっかりと閉じ込め、週に1回程度マッサージなどで血行を促進させます。

いずれのお手入れ時でも、絶対に力を加えてはいけません。肌に刺激を加えるとメラニン色素が増加し、さらなる黒ずみを加速してしまいます。

また目の周りのみならず、根本的な生活習慣を見直して全身の血の巡りをよくするようにも意識しましょう。

疲労やストレスなどで、目の下の皮膚は簡単に黒ずんですぐにくまとなってしまいます。

対策は血行を促進すること、酸素を送って血液をサラサラにし、十分な保湿によって肌ケアを怠らないような心がけが大事です。

また、日常生活の上でも疲労やストレスの蓄積に注意し、黒ずみのない健康的な目元を取り戻したいですね。

目元のケアならアイウルルがピッタリです。