年齢とともに、目元のたるみが気になってくるという人も多いのではないでしょうか。

目元がたるんでいると実年齢よりも老けて見られたり、また疲れている印象を与えてしまうので、あまり良いことはありません。

目の下がたるんでくる原因と解決法について、解説していきましょう。

目元のたるみで最も多いのが、目の周囲の筋肉の衰えです。
この部分の筋肉を眼輪筋といいますが、年齢とともに衰えていくと、そこに脂肪がたまってきます。

眼輪筋周辺の皮膚は大変薄いため、重さに耐えられなくなるとやがて下に下がってくるので、これがたるみになります。

あわせて、肌のハリを保つためのヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分も経年とともに減少し、たるみに拍車をかけることになります。

第2の原因は、目の酷使による眼窩脂肪のふくらみです。

目の下には眼窩脂肪という脂肪分が蓄えられていますが、これも加齢によって飛び出て下がってきます。

現代人に多いパソコンやスマホの画面を眺めすぎることで、まばたきの回数が大幅に減ってしまうことと関連性があると考えられています。

まばたきが少なくなるのは眼輪筋の低下にもつながるので、たるみを加速させてしまいます。

さらに肌の乾燥や間違ったマッサージによる強い刺激など、毎日行っているスキンケアにも注意しなければなりません。

乾燥肌は美肌作りにとって、あらゆる面で大敵です。
乾燥肌、敏感肌を作りだす3大原因が紫外線、肌への刺激、そして生活習慣といった基本的な部分です。

この3大要因にたいして注意を払っていくことも、忘れてはなりません。

目元のたるみは40代くらいから進行していきますが、気づいたときでも遅くないのでできるだけ早めに対策しましょう。

毎日行えるケアとしては、日ごろからまばたきを意識する、専用のトレーニングをするなどで眼輪筋を鍛えていきます。

また紫外線対策として日焼け止めクリームやファンデーションで周辺肌を保護し、アイウルルのようなアイクリームなどで優しくマッサージするなども必要です。

ポイントは眼輪筋を鍛えて血流をよくする、そしてアイウルルで乾燥を防ぐことです。

その他には基本的な生活習慣を改善し肌に優しい生活を心がける、バランスのよい食生活や肌用のサプリメントなどを摂るのも有効です。

目の下のたるみは年齢によるものと、目の酷使や肌の乾燥など、日常生活での原因の両面がありました。

目の周辺の筋力低下を防ぎ、スキンケアで血行を促進していくことを意識しながら、ハリのある目元を取り戻していきましょう。

アイウルルで対策をする