30代を過ぎてくると急に気になり出すのが、目元の印象の変化です。

この時期を境に、目の下のくまやたるみ、目じりのしわなど、今まで気にしていなかった小じわに目が行くようになります。

30代や40代の目元の悩みを解決するには、どんな手段があるのでしょうか。

30代の女性は仕事や家事などに大変忙しい年代です。

この時期の女性は、スキンケアに十分に時間やお金をかける余裕もまだ少ないです。
しかし目元のケアはこの年代で手を打っておかないと、後が大変になります。

コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分や細胞の成長因子は、20代をピークに減少に傾いていきます。

その分岐点になるのがちょうど30代、遅くてもこの時期に取り掛かっていたか否かで、後のエイジングケアの成功に大きく関わってきます。

1つ救いなのが、30代はほとんどの女性がまだ生理があるため、美肌を保つエストロゲンも分泌しています。

そのため成分が濃厚で高級なアイクリームよりは、コスパがよく小まめにケアしやすいアイウルルのような目元専用化粧品の方が現実的です。

ポイントは早めに、毎日まめにアイウルルでアイケアを行うことです。

40代になると、女性の体は更年期に向けて徐々に変化していきます。

そうなると美肌ホルモンのエストロゲン分泌はさらに減り、乾燥肌や小じわなどがますます顕著になっていきます。ホルモンバランスだけは簡単に変えられないので、一刻も早く手を打たないとなりません。

またコラーゲン、ヒアルロン酸の生成量は30代の頃と比べるとさらに少なくなる一方なので、いっそうの努力が必要になってきます。

この年代になると、高濃度でリッチなアイクリームの必要性が高まり、しっかりしたケアのための時間も取りたいものです。

スキンケアやマッサージなど肌の外側からのお手入れはもちろんのこと、肌細胞の活性化や保湿力を高めるなど、肌の内面の改善にも気を配っていくことにもなります。

50代になると本格的な更年期に入る女性が大変多く、肌の状態だけでなくホルモンバランスなど体内の状態はさらに変化していきます。

アイウルルのようなアイクリームによる念入りなお手入れの他にも、生活習慣の改善など、美容にたいする意識を一層高めていかなければなりません。

目元の悩みが出始めると言われる30代以降は、年齢ステージごとに合わせたアイケアをしていく必要に迫られます。

30代でこまめなケアの習慣をつけ、40代以降には高密度のクリームを使うなど、年代と環境に応じてお手入れしながら、いつまでも若々しい目元でいたいものですね。

目元のお手入れならアイウルルが最適です。